”日本の食品”輸出EXPO 出展レポート

11月17~19日の三日間、大阪において輸出向け食品の展示商談会が開催されました。長野県ブースには7事業者(うち協議会員は3事業者)が出展し、試飲・試食を含め活発な商談が行われました。

国家間の移動が困難ななか海外バイヤーの来場はなかったものの、オンラインで商談に参加(自走式ロボットを使用して遠隔参加するバイヤーも)、また会場内は国内商社や輸出関係者などで賑わい、コロナ禍を力強く進んで行こうとする食品業界の熱気が感じられました。

出展した会員3事業者についてレポートします。




株式会社 おびなた(長野市戸隠 そば)

干しそば、そば茶を提案。

試飲に2種類のそば茶を用意し、香ばしい風味や色の良さ、健康食材であることをアピールしました。ヘルシーさが世界の揺るぎないトレンドとなるなか、興味を示めすバイヤーが多数おり、今後も商談を継続する予定。また、アジア、ロシアなど各国のバイヤーともオンライン商談を行い、更なる海外展開の可能性を探りました。




有限会社 小柳農園(中野市 コメ)

コメ、パックご飯・パックもち米、米酢を提案。

今回の新商材であるパックご飯は、レンジで温め酢を混ぜ込んだ酢飯にして試食提供を行いました。試食してもらいながら、丁寧に説明する新井代表。主に低農薬農法や品質の高さなどをアピールしました。皇室献上米、もち米100%のレトルトご飯など、アイテムのラインナップに興味を引かれているバイヤーが多かった印象です。




株式会社 明治亭(駒ケ根市 ソース)

直営レストランでも使用しているソースかつ丼のソースを提案。

会場では大阪を意識したミニ串カツの試食を用意しており、ソースの味を見てもらいながらの商談となりました。レストランで出している味を再現できると聞き、興味を示さすバイヤーも。パッケージやリーフレットを活用しつつ商談が行われ、クセになる甘さがある特製ソースは「おいしい!」との声がよく聞かれました。



※ "日本の食品"輸出EXPO

主催:RX Japan株式会社

共催:独立行政法人日本貿易振興機構

協力:農林水産省

長野県ブース企画運営:(公財)長野県中小企業振興センター

開催期間/会場:11月17~19日/インテックス大阪(延べ来場者数 10,327名)

2022年は6月22~24日 東京ビッグサイトにて開催予定

2回の閲覧0件のコメント