• 輸出協

インド向け 日本産りんご生果実の輸出解禁

インドは日本産りんごに関する植物検疫条件に合意し、本年(2022年)産の収穫シーズン以降、下記の条件を満たす日本産りんご生果実の輸出が可能となります。


(1) 登録生産園地での栽培

(2) 登録選果こん包施設での選果・こん包

(3) 消毒処理の実施(低温処理又は臭化メチルくん蒸)

(4) 原則年1回のインド側検査官による査察

(5) 輸出検査の実施


農林水産省プレスリリース▶

https://www.maff.go.jp/j/press/syouan/syokubo/220319.html



「インド商工省貿易統計によると、2020/21年度(4月~3月)のりんごの輸入量は272,435トンであり、インド国内のりんご消費量 の約11%を占めている。 同年度の金額ベースでの市場シェアは、首位がトルコ(13%)であり、米国(11%)、イラン(10%)、イタリア(9%)、アフガニ スタン(9%)、ニュージーランド(8%)、チリ(7%)と続いており、世界のりんご生産国同士が競い合う乱立した市場構造にある。」とのこと。

詳しいレポートは下記へ。


農林水産省委託事業(輸出拡大に向けたインド主要都市圏の農産物・食品市場の流通構造・市場実態等調査)実施報告▶

https://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/attach/pdf/yusyutu_kaikin-26.pdf



0件のコメント

最新記事

すべて表示

農林水産省 輸出・国際局 国際地域課から輸出支援プラットフォームが作成する「カントリーレポート」が公開されました。 輸出支援プラットフォームは、活動の柱の一つとして、市場・規制の全体像や品目ごとの詳細な情報を提供するカントリーレポートを作成しており、この度、米国、香港、タイの全体レポートについて、GFP海外輸出支援セミナー(ウエビナー)(11/22)が開催されると共に、以下の輸出支援プラットフォー